エジプト人の性格ってどう?外国人が現地で交通事故に遭わないように理解したい!

日本から見ると非常に遠い国エジプト、日本人から見ると想像もつかないことも多いでしょう。交通事故が非常に多いと言われるエジプトですが、エジプト人ってどんな性格化のでしょうか?エジプト人の個性は基本的に世話好きでお節介ですが、観光で生活をしているようなエジプト人になりますと気が短い人が多いようです。

そのため、バスやタクシーの運転手のようなライバルの多い客商売は基本的に交通事故を起こしやすい性格のものが多いようです。車同士でけんかや殴り合いすることも珍しくないので、やはり公共交通の多い大道路では外国人も交通事故に意識的に気を付けるべきでしょう。

日本人の場合、エジプトでは見た目で観光客だと一発で分かるので、自動車の絡まないところでは親切にしてもらえることも多くなります。ただし現地のビジネスマンと一緒に車で行動するとなると、彼らの利益に絡むことが多いので運転も荒くなって交通事故のリスクも高くなると言う分けですね。

エジプトでは乗用車に同乗している際にも外国人が交通事故に遭いやすい?

アフリカ大陸で最も有名な国家の1つであるエジプト、しかし最近は治安の悪化などで観光地と言うよりも非常に危険な地域として渡航延期を求められることも多くなりました。実際にエジプトは外国人が観光に行っても交通事故に非常に遭いやすい事でも知られていますが、乗用車に乗っていても十分に巻き込まれる可能性が高いでしょう。

基本的にエジプトでは交差点でも車が通りやすいように間を開けると言う習慣はありません。右からも横からも、空いたところに車が割り込んで我先に走って行くと言う交通社会なのです。交通標識もありませんから、スピードはそれだけ出してもお構いなしになります。

このような状況ではどんな車に乗っていても、交通事故で衝突される機会が非常に多いと言えるでしょう。歩いていてもバスやタクシーで車に乗っていても交通事故のリスクは、外国人にとって常に付きまとうのがエジプトと言う国になる分けです。よって、海外旅行保険は必ず加入してエジプトに行ってください。

エジプトでが外国人が交通事故に遭う典型的なパターンとは?

37b12618003f1df72b1bff87ff9a9902_s

名だたる古代遺跡も数多いエジプト、それ故に外国人観光客もかなり多く訪れるのも周知のとおりです。しかし、外務省の海外安全情報を見ても基本的に絶対的に安全な場所と言うのは存在しません。エジプトに外国人がどんなに安全と言われる場所に行っても、交通事故に巻き込まれるリスクはる根に付きまとうとされます。

観光用の自動車との正面衝突に注意

その外国人がエジプトで交通事故に遭う典型的なパターンとして、観光用の自動車に乗っている際に対向車と正面衝突するケースです。エジプトでは交通マナーも酷いですが自動車のスピードもかなり速いことから、衝突した場合はガラスの破損や横転などで乗客が健康的なダメージを受けることがとても多いと言えるでしょう。

外国人は横断歩道を渡る交差点で注意

また、外国人は横断歩道を普通に渡っていても交通事故に遭うケースが極めて高いでしょう。さらに、観光客はバスなどに乗って交通事故もなく観光地に到着しても、エジプトではその観光地でテロなどに襲われたケースもあっていろんな場所で命の危険リスクがある分けです。

エジプトの道路・自動車情報からみる旅行者の心がまえ

エジプトの道路・自動車情報

2010年時点の自動車登録台数は585万台、となっており、100人当たりの自家用車保有台数は約7台(カイロ市内に限っては約20台程度)と推計されている。

日本の所持台数は、100人当たり40~50台であるから、少ないほうであると言えるでしょう。

道路の総延長は137,430km(2010年世銀)、全国の主要幹線道路は運輸省の道路橋梁公団(GARBLT)が建設・管理を行っている。

エジプト全土の交通事故死者数は年間約12000人、10万人当たりに42人(WHO)と推計されている。(日本は4.5人/10万人:2012年)

つまり、日本でいるときよりも、交通事故に遭う確立は10倍高くなっていると考えてもよいかとおもいます。

特に、近年は、自動車保有率があがってきており、そのれに伴う交通安全に対する意識が向上しているわけではないため、事故率も向上しやすい状況になっていると言えるでしょう。

信号機も横断歩道もない中でもいかに歩行者は横断すべきか?

エジプトは信号機がまともにうごくことが少ない。よって、ものすごい勢いで飛ばす車を合間をねって、歩行者は、1車線、1車線とわたっていかないといけない。日本人旅行者は、決してそれをついていけないものだから、ガイドに手伝って、渡るようにしよう。特に、現地の人は、現地の交通ルールをしっているから、わたれるのであって、初めて来た旅行者は、予想外の動きをしてしまい、事故に巻き込まれることが予想される。

よって、歩行者は、現地の人と一緒に道路を横断するように心がけよう。交通ルールが厳しい中で、いかに、安全に道路を横断するか、考える必要がありそうだ。

エジプトでは車の衝突ぐらいは交通事故にならない

エジプトでは軽い車の接触なら交通事故にならない

物損事故の場合

日本では、少しでも車通しが接触した場合は、交通事故と捉え、物損事故だとしても過失割合を算出して、加害者側が弁償する仕組みがあります。

しかし、エジプトでは、その程度の事故では事故接触とはみなさず、交通事故にんはなりません。

人身事故の場合

また、人身事故だとしても、簡単な怪我なら、「文句をいって」言ってしまう可能性があります。「むしろ当たったお前が悪い」という感じで、人が支障しない限りは交通事故にはなりません。

よって、事故にあったら、手元のスマホで加害者の情報(番号や車種)を記録してください。可能なら、運転手情報(氏名と住所等)はききだしておきましょう。

交通事故の加害者になったら

また、外国人が加害者になり、人をひいてしまうと、その場で復習と称して、どうように袋叩きになって十度の後遺症を残したケースもあります。引いてしまったことは申し訳ないのですが、警察に連絡して自分の身の危険を感じたら、車から降りず、自分の身をまもることも重要です。

事故を起こして、ひき逃げはどの国でも重罪ですので、事故をおこしてしまったら、とにかく警察に連絡することで、重罪にくわわることがないためにも重要です。

エジプトの交通事故は何でもアリ?

日本とエジプトの交通事故意識の違い

主要都市では、日常茶飯事にエジプトでは交通事故が起きています。車両が横転して支障が出るケーるも多いです。

速度の出しすぎ、無理やりな車線変更により追い越し運転、割り込み運転、車間距離の急接近、火災車両、無灯火運転、オートバイによる無理な追い越しも発生しています。

歩行者も、横断歩道が設置されていないため、無理な横断、劣悪な道路もあいまって、人身事故や追突事故も後を立ちません。

また、自動車保険の認知が浸透していないため、ほとんどが保険未加入状態です。よって、自賠責制度のような強制保険もないものから、事故にあったときは、ほとんど、十分な損害賠償を得ることができないのが現状です。

エジプトを旅行する際、国際免許を使って運転する際、覚悟が必要であることがわかったでしょう。

また、歩行者として道路を歩くとき、タクシーにのって移動するとき、多くの人が被害にまきこまれていますので、気をつけることが重要です。

 

エジプトは世界で一番交通事故が多い国?

交通事故総数自体は、1位ではありませんが、世界で最も1マイルあたりの交通事故発生件数が多いと言われています。

エジプトで交通事故が世界でも一番多い理由

道路標識がないから

つまり、エジプトで交通事故が多い理由のひとつに、信号機とか、道路標識が存在しないことが理由だと考えられる。日本だと、制限速度の標識を始め、一方通行、駐車禁止、歩行者優先道路、止まれ、など標識がいたるところに整備され、警察の取り締まりを行われていることから、標識したがって走っている。しかし、エジプトにはその道路標識がないことが1つの理由だと言えるでしょう。

信号機も機能していないから

カイロでは、信号機がほとんど機能していない。一番事故が置きやすい場所。それは、日本エジプトも同じ、交差点である。しかし、その場所が、ほとんどが、警察官による手の動きで統制をとっている。しかし、急いでいるドライバーがいれば、信号無視(警察無視)も行われるはずである。よって、交通事故がおきやすい。

歩行者も道路横断、動物も道路を横断

信号機がなければ、人間は、交差点をむりやり間をねって、横断することが強いられる。しかし、たまたま暴走してきている車に引かれることもあるだろう。動物も道路を横断することもおおいことから、バイクなどは速度をあげていれば、急にとまることもできない。

まずは、エジプトは、こういった信号機、標識、歩行者のためのルール作りをすることでエジプトの道路環境がよくなることを期待したい。カイロは、ナイル川にそって道路が整備されていることを考えると、古代と現代の入り乱れる魅力的な世界的な都市である。

日本もエジプトも交通事故に頭を悩ませている事実は一緒であるが、ルール作りをすすめることが一番重要だといえるでしょう。

エジプト

エジプトは交通事故の温床!日本人が気を付けねばならないポイントは?

古代遺跡の多いエジプトでは世界でも交通事故が非常に多い所として知られ、その背景には日本では当たり前に存在している交通表示なども見当たりません。車道には信号が設置されているものの、遵守する運転手が存在しないために歩行者は常に車道を横切って横断する光景が目につきます。

ドライバーは基本的に減速することが少なくて割り込みもさせないことが多いので、それほど渋滞していない道路でも車道が混雑しやすいのが特徴です。特に日本人が気を付けたいのは横断歩道でして、赤信号でも平気で通りぬける車は横断歩道を渡っている歩行者を全く介することはありません。

また、エジプトでは夜間走行でも無灯火にしたままのドライバーが非常に多くなっていますので、仮に交通事故に巻き込まれても運の悪い外国人で処理されることも珍しくないでしょう。逆に外国人が交通事故を起こして人身事故に発展しますと、現地で暴動になることもあって大変拙い状況になるのです。

交通事故で増えているスマホを見ていて交通事故を引き起こすケース!

今や若い人を中心に爆発的な普及をしているスマホですが、非常に便利な反面でそのマナーの在り方に関しても色々と話題の多いものとなっています。しかし、最近ではスマホを運転中に弄っていて事故を発生させるなどのトラブルも多く見られるようになっているのです。

スマホを見ている人の傾向は非常に分かりやすく、視線を一気にスマホに取られてしまう特性があります。そのため、前方に対する注意が一定時間抜けることになり、路上に急に飛び出してきた人間や前方でブレーキを踏んだ車両にぶつかってしまうケースが発生しやすくなって行くでしょう。

スマホが原因で交通事故を起こして被害者に健康的被害を負わせた場合は、重過失が問われることもあるので損害賠償責任では巨額の支払いを求められることがある分けです。弁護士によるとスマホ使用は歩行者であっても被害者の過失が問われる場合もあるくらいですので、加害者のケースになりますと一層過失に重みが増すのは当然の流れとなります。

交通事故のむち打ちは神経状況を確認できるMRIを活用して後遺障害を認定へ!

日本では様々なタイプの交通事故が発生していますが、ハッキリ言ってそのほとんどでむち打ち症を発症することになります。しかし、このむち打ち症は損害賠償においては非常に証明しにくい症例であることもあり、多くの被害者が加害者側から自らを否定されるような状況に陥るここともあるでしょう。

しかし、実際上においてむち打ちでも後遺障害に認定されることは大いにありまして、14級若しくは12級にて認知されることは可能性と残ります。むち打ち症を原因として後遺障害認定へ繋げていくには、通常の専門医による診断書だけでなくMRI検査による画像が必要になって来ます。

そして、このMRIにおける結果を専門医によって的確に診断書に反映させることが求められまして、これが専門医で出来ませんと折角のMRI画像も宝の持ち腐れになってしまうのです。

そのため、交通事故後遺症に精通した弁護士を探すと同時に、連携に手馴れている専門医を確実にセレクトして行くことが重要となるでしょう。